審査は貸し倒れ防止のため

そもそも、なぜカード会社が審査を行うのでしょう?
それは、リスクを回避するためです。最もカード会社が恐れるリスク、貸し倒れです。申込者の返済が途絶えることなのです。なので、審査も、いかに貸し倒れを防ぐかに重点が置かれています。

そのリスクを回避するために、どのクレジットカード会社の審査においても、お金がしっかりと返済されるかという申込み者の信用力を判断することが共通の考えとなっていて、カード発行の可否や限度額を決定します。
これを軸として使われるのが「3C」と呼ばれる専門用語で、「返済能力(Capacity)」「返済資質(Character)」「担保(Capital)」の三つです。

・返済能力(Capacity)
貸したお金を返すだけの経済的な能力や、一定の収入が定期的にあるかどうか。クレジットカードの審査ではもっとも重視されます。収入の金額はもちろんですが、その安定性も重要視されます。
・返済資質(Character)
返済を行ってくれる人かどうか、お金に関するその人の性格の審査です。無理な借り入れを行っていないか、過去に不払いの履歴がないか、決められた日にしっかり返済してきたかなど信頼性がチェックされます。申込内容に嘘があるような場合も資質が悪いとみなされます。
・担保(Capital)
カード利用代金に見合うだけの貯蓄・不動産などがあるかどうか見るものですが、差し押さえするには手間がかかるのでゴールドカードなどの高額決済カードを除きそこまで大きくは重要視されません。

スコアリングの項目について

クレジットカード発行の際の審査基準は、各社何パターンありますが、スコアリングと呼ばれる方法が一般的です。

スコアリングはクレジットカード申込書に記載されている項目に点数を付けることで、ある程度、却下対象を絞り込むことを目的としています。年齢や職業、雇用形態、勤務先の規模、勤続年数、年収などを点数にするもので、各属性に対して点数をつけていきます。基準は「生活が安定しているか」どうかということ。合計点数が合格であれば、同時に限度額なども決定されます。
仕事の安定はもちろんですが、生活形態や家族構成、住居など重要な審査対象になります。

最近では、比較的若い年齢で初めてのカードを作る事も多いと思います。でも若いと言う事はそれだけ信用実績が少ないと言う事にもなるので注意が必要です。あまり考えずに申し込んで、仮に審査に落ちてしまうと、「落ちた」ということが半年は残ると言われています。申し込む際は今の状態をしっかりと把握しましょう。

スコアリングについてですが、項目について詳しく解説していきます。ちなみに、専業主婦、学生など自らが家計の世帯主でない場合は配偶者や親などがその審査対象となります。

・年収・資産
審査において最重要視される項目です。一般的な場合、ボーダーラインが年収ベースで200万円以上と言われています。ただし、年収は基準をクリアしていれば限度額への影響を除きクレジットカードの発行審査については大きな問題になりません。
・総与信額
他社のカード含め、現在どれだけカードの限度額があるかが見られます。年収を大きく超える限度額がある場合は審査に悪影響を与えたり、限度額が低くなったりします。
・勤続年数
審査において比較的重要な項目で同じ企業に何年間つとめているかの項目です。基本的に最低1年以上を基準としています。
・年齢
「高校生を除く18歳以上」で設定されているのが一般的です。なお、学生の場合は親権者に対する同意が必要となります。ゴールドカードなどのグレードが高いクレジットカードでは30歳以上などの制限を設けている場合もあります。
・勤務先
「返済能力」をはかるといわれていて、どの会社に勤めているかの審査です。勤め先がどれだけ安定しているかを審査します。倒産の恐れや解雇の恐れがないかのチェックです。
・職業・勤務形態
一般的にサラリーマン、公務員、自営業者、アルバイト、主婦、学生といった区分があり、仕事内容やどんな職種なのかを見られます。
・家族構成・住居
どんな家族構成であるのか、住んでいる場所が持ち家なのか賃貸なのかです。持ち家の場合はクレジットカードの審査における「担保」があるとみなされますが、そこまで重要項目ではありません。
・事故情報
「ブラックリスト」入りしていないか調べられます。不払いの履歴があったり、返済遅滞も対象で、これにひっかかると審査が非常に厳しいものになります。
・クレジットヒストリー(取引履歴)
これまでクレジットカードを使ってきた履歴です。しっかりと決済ができていればカード審査における「返済資質」が十分と判断されます。
・在籍確認
発行の際の最終確認の一つで、申込者が本当にその会社で働いているのかを確認することです。この確認は行われないこともあります。
  • クレジットカードのショッピング枠を換金するサービスが増えてきており、サラ金業者なども現金化サービスに移行していることが考えられます。
  • http://www.ecoequitable.com/
  • 現金化業者をキャッシュバック率や対応などで比較したサイトも多く、それらも利用者を増やしている一因となっているようです。
  • http://www.tyhskonya.com/
  • クレジット現金化は悪質な業者も多く存在するようでトラブルに巻き込まれる場合もあることから、日本クレジットカード協会では注意を促すキャンペーンをしています。
  • http://www.gvb-uk.com/