信用を意味する証明書

日本では今でもおそらく現金主義の方が多いので、クレジットカードというと借金を連想されることも多いと思います。確かにクレジットカードには分割での商品購入もできるようになりますが、本来の意味はクレジットの名前の通り「信用を意味する証明書」なのです。
クレジットカード作成の際には収入、勤務先、家族構成を記入していきます。その全てを総合的に判断しクレジット会社が発行の可否を決定します。これはクレジット会社が少し遅れて入金する、または分割で支払うことになってもあなたが確実に払ってくれるという信用の証明書になるのです。

クレジットカードは、持っている本人に支払い能力があるということを証明する身分証明書のような役割を果たしているわけです。現金を持ち歩かずに済むため安全性が高いですし、貨幣の種類が違う自国以外でも、その都度両替せずに買い物が出来ますし、仮に現金が必要になった場合でも提携ATMでキャッシングサービスが利用できます。
トラベラーズチェックと異なり、パスポートを紛失しても利用できる等、メリットは大きいです。

海外では特にクレジットカードの役割は大きいと言えます。
例えば海外でホテルにチェックインする際や、レンタカーを借りる時など、買い物がその場で完結せず、そのサービスが終わるまで金額が確定しない時には、まずクレジットカードの提示を求められます。支払いはクレジットカードでなければダメだというところも多いのです。
もしクレジットカードが無ければ、サービス自体を拒否されてしまうか、高額なデポジット(保証金)を事前に請求されてしまいます。
なぜそういうことをするのかというと、料金を踏み倒された時のリスクを考えてそのような対応をしているのです。
なんだか自分のことを信用していないようでいい気はしませんが、それが海外では当たり前のことなのです。

日本ではクレジットカードを持たなくても生活できますが、海外では信用を証明する手段として最も一般的なのです。クレジットカード持つことや使うことは海外では一般的なことなのです。
そのためのインフラもきちんと整備されており、クレジットカードが使えないという場面は、ほとんどありません。

最近ではインターネットショッピングではクレジットカードからの引落しが多くなっています。
これは取引相手の実体が見えないことに対し、クレジットカードの信用性を求めていると見ていいと思います。
グローバル化が進む現在、人的保証に頼っていた日本も人との関係性が薄れていく中ではクレジットカードの必要性はどんどん高まっていくことが予想されます。

  • クレジットカードの契約には直接店頭で行うものと、ネット上でカード会社のサイトから行うものがあります。いずれにせよ下記のようなクレジットカード比較サイトで自分の条件に合ったクレジットカードをしっかり選んでから申込むようにしましょう。
  • http://field-s.com/
  • ビジネス街では古くからサービスを行っている業者もいて、ビルや道端に「カードでお金」という看板を掲げて利用者を募集しています。
  • http://card-okane.biz/
  • キャッシングの限度枠を使い切ってしまっていてもショッピング枠は手つかずで残っている方が多く、そのショッピング枠で商品を購入しそれを現金で還元します。
  • http://fueld.biz/